香林院茶室『雲中庵』
香林院茶室『雲中庵』

茶室

茶室雲中庵は、高橋箒庵の『東都茶会記』に「祥雲寺内茶室」と記されていた為、その存在は近年までベールに包まれていました。

数寄屋建築の天才とうたわれた仰木魯堂の住居兼茶室で、大正八年建立。床柱に奈良・薬師寺の古柱を用いるなど、近代数寄者建築物の特長をよくあらわしています。

区文化財指定をうけ修復に着工、住居部分を貸室、ギャラリーとして新たな命をふきこみ、完成しました。

香林院 香林院 本山 本山 茶室 茶室 住職 住職 各種活動 各種活動 交通案内 交通案内 イベント情報 イベント情報 リンク リンク